新・放置民が行く ひとりでできるモン!

新・放置民が行く ひとりでできるモン!

~某SNS『放置キャンプ』コミュ管理人のボソボソ話~
放置民いのうえのInstagramダス!

いいねもフォローもどんとこい!

点取り占い

点取り占いブログパーツ

FC2カウンター@08.9.8~

08.9.8~の引越し後総アクセスダス!

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事
最新コメント
いろんな情報テンコモリ!!
~キャンプをご一緒したミナサマ~

↓ウェルカム放置民!

◆ 永遠の散在日記@サンさん
◆ Noise Eraser@h2さん
◆ 目的地未定@ttaさん
◆ できるだけ山@kimatsuさん
◆ チャンプルキャンパー@Hirobさん
◆ ART of CAMP@キワノさん
◆ 英語ができないのに、アウトドアグッズ海外通販@tori-birdさん
◆ 上城山岳隊@やな先輩さん
◆ その男、薮漕ぎ中。@いまるぷさん
◆ ネコの手も借りたい@茶柱さん
◆ 外遊び彷徨記@チャイさん
◆ nutsclubへようこそ!@nut'sさん
◆ 時には星の下で眠る@emonさん
◆ ラード・アラモード@ラードさん
◆ 山行備忘録@じんさん
◆ 今日も山で遊んでました@IKさん
◆ 工場長の「山ばっかり、、、酒ばっかり。。。」@工場長さん
◆ よろよろ山歩き@らんどさん
◆ Wander-Z@Wander-Zさん
◆ さて週末はどこ行こう@トオルさん
◆ spectator2@mt_hanterさん
◆ ひらどん.パワー@ひらどんさん
◆ +CLUBNATURE +@ユウさん
◆ 64:ダイアリィィィィー@64さん
◆ 夜をぶっとばせ@都築恭也さん
◆ 趣味の箱 2.5@JIRAF@プロさんさん
◆ Hike to the sky!@kool8さん
◆ 女子キャンプ*@こいっちさん
◆ 無謀な女子キャンプの日記★@チーム【S.K.F】さん
◆ ちわわ日和@すずさん
◆ 「 外 で 遊 ぼ う ☆ 」@あかねさん
◆ 世界ぶらぶら姉妹旅@aneさん
◆ 山より道具@ulgoodsさん
◆ Locus Gear@Yoshidaさん
◆ NatureNavigatorガイド@風間さん
◆ ファミリーキャンキャンプ@yn223さん
◆ 走ってます。@書房さん
◆ Camper's delight@きむさん
◆ 戯山~tawamureyama~@kajiさん
◆ kacky0530's photostream@kacky0530さん
◆ いきますか!@somtamさん
◆ あ~どこかに行きたい・・・@Vagabundさん
◆ Hike Sinatra@creepさん
◆ hodapun's photostream@hodapunさん
◆ ★すまいるキャンプ?★@すまいるさん
◆ BAD BOY KLUB@BADBOYKGEEZさん
◆ 常念山脈に遊ぶ@いまるぷさん
◆ BREATHED OUT@udgsprさん
◆ 臨機応変にゆこう@sabletさん
◆ LESS IS MORE@greatcossymountainさん
◆ とことこexplorer@yasuyo_stingさん
◆ カワズの川流れ@lighty-hさん

~いつの日かご一緒したいミナサマ~

↓いつかは放置民!

◆ ライダーの思いつき@ライダーさん
◆ クリーンハイク@山出拾雄(旧ks)さん
◆ Roadmanの遊具大全@Roadmanさん
◆ lag wagon  悶絶ブログ@lagさん
◆ 背の高い人のアウトドア@ソロノッポさん
◆ 能無しキャンパー、底無しキャンプ。@甘口キャンパー さん
◆ 川へ@Tetsuさん
◆ OKONOMIブロメグ@blomegさん
◆ FLY FISHING REPORT@D.KIKUCHIさん
◆ 軽井沢 Flyfisher's Life@shakerさん
◆ 夜明けのランブラー@夜明けのランブラーさん
◆ 走る!飲む!読む!@makani_tomoさん
◆ O.I.D.@tcymさん
◆ "Beyond.." Ezy Hyker's blog@Beyondさん
◆ Greengreen@Ggreenさん
◆ アレもほしい☆コレもほしい☆もっともっとほしい@hiking junkyさん
◆ Hiker's Depot OWNER'S-BLOG@土屋さん
◆ アルコールストーブを創ろう@T-z_stoveさん
◆ ソロ -フリースタイル-★@ジープ乗りさん
◆ 外好き戦隊 外レンジャー★@MARさん
◆ Funky Hot Dog@りえぴさん
◆ Love Beer! - すべては美味いビールを飲むために -@けんけんさん
◆ 雲の上まで行って来ます。@jun(槍隊放題)さん
◆ NO WORK TODAY !!@erokachouさん
◆ 山と川の日記@nari0000000000さん
◆ 風森ひのこ ~インドアとアウトドアの狭間で~@風森ひのこさん
◆ Time-Trip!@slow_tripさん
◆ in the moonlight@chiyoさん
◆ 自転車とアウトドアライフ(遊び)@morikatuさん
◆ TRAIL LOG@skywalker & meeさん

カテゴリ
Easyタグクラウド

月別アーカイブ
最新トラックバック
dyog

dyogブログパーツテスト

プロフィール

いのうえ

Author:いのうえ
*引っ越し準備中~*

人混み嫌いのさびしんぼう。
何かしらでヒトヤマ当てるか、誰かしらに山ひとつもらえることを待ちわびておりますw

ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

RSSリンクの表示
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20090703 Fri
明ける神あれば暮れる神あり 

明ける神あれば暮れる神あり 

 
さーて、ユルユルと再開した当ブログ。
ひさしブリブリのアップにも関わらずたくさんお越し下さいまして
あじがタウございます!

ちょっとだけブログには前向きになりつつあるものの
オチゴト的には後ろ向きっぱなしのいのうえですこんばんわ。



ってことで、本日も本題前ですが...
  ↓ コリャコリャ!とクリックしてもらえますでしょうか?
『ブログランキング』
オチゴトでも前向いて!って方はヨロチクですw

まぁ、明けない夜は無いって言いますもんねー
このヒマーなのも、いつかは忙しくなるのかちら。。。フゥ


さてさて。
そんな暮れっぱなしのオチゴト事情はさておいて、本日は陰陽ふたつの神のオハナシ。

興味があれば↓ドゾ~

  

前回のダイジェスト手抜き記事でもお伝えした通り
結構キャンプには行ってたんですよ。

明神平以降も。

ハイ、勘のいい方はお気づきですね。
タイトルの「明ける神」ってのはまさに明神平のコト。
では、暮れる神とは...暮れる=夜の神とは。。。。。

夜叉神ですタイ~♪
R0012037.jpg
*夜叉神峠
甲府盆地の西側を限る巨摩(こま)山地の大崖頭(おおがれあたま)山と高谷(たかたに)山の鞍部(あんぶ)にある峠。標高1770メートル。
南アルプスの展望台として多くのハイカーに知られると同時に、鳳凰(ほうおう)三山への縦走路の起点としても利用されている。
~Yahoo!百科事典より~


ちなみに行ったのは3ヶ月近く前の4月11&12日。
下界では春うららのこの時期、昼間は汗をかく程の陽気でした。

目指す夜叉神峠までは駐車場から小1時間。
気持ちの良い樹林帯をえっちらおっちら歩くダス~♪



うーん、まだ新緑には早いようで...樹々はハゲw
でも気持ち良い陽気で汗ばんだカラダに風が気持ちヨス!!

基本的にずっと登りですが、たいして急なワケじゃないです。




あんまり眺望よくないけどそこんトコはちょいガマンして
テケテケ歩いてると辿り着くのがココ。



前回のダイジェストで出てきた、白い嶺々を望むバードメン氏。

ココはホントに気持ち良いですね~♪
テン場まであとちょっとなんですが、見とれてダラダラしちゃいましたw






で、駐車場から小1時間のハズが、歩き始めからなぜか2時間後。

夜叉神ツイータ!!
R0012068.jpg


おぉぉぉぉーーーーー!!
眼の前に白い山が続く、なんともイカす場所ではないですか!
天気が良すぎて少々暑いものの、それに文句言うのは贅沢ってモンですワイ。
しかもこの景色を眺めつつ幕営できるなんて、超ナイス!




とりあえずパンカーイ!

売店が閉まってたので、2人してお水。




いやー、こりゃ気持ち良い。こんな場所があったんですねぇ。
今でも充分グータラキャンパーですが、トレキャンとかやらなかったら一生ココを知らずに死んだかも。
とりあえずテントを設営して、小腹も満たし、のほほん三昧~♪

・・・しかし眠い。

春になって高速が混むことを避けたワタクシとバードメン氏は、金曜夜中出発で睡眠不足。
グータラ放置民な我々は、迷わず各々テントに入ってお昼寝しようってことにw

ムニャ...
ムニャムニャ.....


なんか外が騒がしいな。。。


と、思ったら。




JET キター!!




数時間遅れてjettake88氏参上。

で、ようやく今回参加の全員が揃った
夜叉神放置村。
R0012075.jpg
左 バードメン氏*Hubba / MSR
右 jettake88氏*VERTEX5 / TITANIUM GOAT
中 アタイ*BetaMid / BlackDiamond

~反対から~
R0012122.jpg



サイコーの場所でサイコーの天気で、気分もサイコーですタイ!!
いやー、ヤパリ『トレキャン』って気持ち良い。

ちょっと登りがしんどかったり、普通のキャンプに行くような荷物は持ち込むのが大変だったりと
何かと制約があるのは否めないですが、いろんな意味での『気持ちの良さ』で充分カバー。

これからの時期、難民キャンプ状態のトコで打ち上げ花火されたり好きでもない音楽聞かされるなら
こっちの方が涼しいし人も少ないし景色もいいし気持ち良い!!
こりゃヤメられまへんなーw

ただ。
基本的には登山される方の泊まる場所だったりするので、トレキャンするにはそれなりのマナーも。

*夜は静かにね!
登山される方の朝は早いです。モチロン寝る時間も。
登山される方にとって翌日の体調は行程におおいに影響するので
周りの状況に合わせて夜を楽しみまっしょい!

*基本的に焚き火はヤメときましょ
車で入れるキャンプ場と違って、何かあったとき迅速に消火するのは不可能です。
そもそも、燃え残り等を処理する場所もありません。
「残していいのは足跡だけ」で行きまっしょい!

*自分スペースは最小限に
マターリするのにタープとか使いたいのもわかりますが、山のテン場で幕営するんですからね。
キャンプ場みたいに「満員なら他の場所へ」ってことが難しい場所です。
幕営する人が多い時は、自分だけが快適なスペースの占有はヤメまっしょい!

*なにもかもマイセルフ
怪我しても救急車が来てくれるワケじゃないです。
子供・ペットはもちろん自分も含めて、誰かの世話にならなきゃならんようなことの無いように
充分注意して楽しみまっしょい!


写真左
ちなみにJETだって自分の荷物は自分で持ってますw

写真右
まったくもって吠えることの無い大人しく言うことを聞く犬ですが
モチロン、放置民以外の人がいる時はリード装着。





と、まぁ小言はコレくらいにして。

暮れゆく夜叉神。
R0012093.jpg

気持ち良い夕景を眺めつつ晩飯を食らいつつ、「暮れる神」を堪能したのでした。


おっと。

モチロン、暮れるばっかりじゃなく翌日はしっかりやってきましたよw
しかも晴天。

アタイのオチゴトにも、そんな爽快な夜明けがやってきてくれるのを祈るばかりです。




おしまいける。




@おまけ@




実は脱いだ靴はカップホルダーにピッタンコだと知った夜。








読み足りない人は↓コチラもドゾ~
   @バードメン氏のレポ
   @jettake88氏のレポ










『ブログランキング』
↑ランキングに参加してます~
「まだまだレポが残ってるよ!」って方はヨロチクです~

あぁぁ....バンガリマフ。。。。。クゥ

 

Comment

from ラード
こんにちは。
ますます霊的指導者な立ち位置に(w

夕景がイイですね~。やっぱ、空気感が違うワケで。
ワシもあと3週間で「山で暮らす」生活がやってきます。むーん。楽しみ。


from いのうえ
◇ラードさん

ウヒャヒャ
まぁ、当ブログを読んでこの夏に山のテン場に行くキャンパーがいないともいえませんから、一応念のためw

いやホント、夕方はもちろん、「空気感」の違いは一日中感じますよねー
ラードさんなりの「山で暮らす」レポ、期待してお待ちしておりますよ!!
せめて今年中のアップをお願いしますw

from somtam
しっかりやることやってますね、寝たふりでしたな、羨ましい♪
ので、特別な感嘆符付です。

・・・・・・・・雄大な景色ですねぇニャーロメー♪
トレキャンにシフトしてから山の風景が増えましたなニャーロメー。
素晴らしいことですニャーロメー!なんとも神々しいお写真ですニャーロメー。

幕も相変わらずの充実振りニャーロメー♪
ベータがフツーに見える不思議な光景ですぞニャーロメー。

from チャイ
こんにちは、
て・・・事は次はその先の南御室小屋でキャンプですね!
そして、薬師岳・観音岳・地蔵岳!
ん?トレキャンには少々ハード過ぎますかね?
私も行ってみたいなぁ~いつか必ず。

from ジープ乗り
血迷って山のテン場に行く予定を入れてしまい、ちょっとトレーニングをしてるところです。

ホント、なにもかもマイセルフですから、とりあえず3時間歩ける体力を目標にしてます。

from 茶柱
おぉ、いい天気だったのですね。

次は北岳肩の小屋テン場でヤリマッショイ

from Ggreen
ああ、意外と地面がしっかりしてる!
山のテン場って、もっと斜面と岩だらけのイメージでした。

from kimatsu
ここは本当に気持ちいいですよね。雪の白峰三山を眺めながら同じテーブルで一人黄昏れましたよ。登山の人はあまりここで泊まらないと思うので、まさにトレキャニスト向けのフィールドですね。水場さえあれば完璧なのですが。

from いのうえ
◇somtamさん

オホホオホホ、寝たフリってゆーか爆眠しておりましたよ、平日はw
そのぶん土日は力の限り遊ぶのダス~

トレキャンはシフトしたんでなく遊び方を広げただけですタイ!
普通のキャンプにもガッツンガツン行ってますよ~♪
Betaちゃんが普通に見えるのは、よく使ってるこのブログだからですよ。タブン...
しかし、さすがの放置民の面々もいい加減テントを持ち過ぎたようで、しばらくは新幕体導入が無さそうです。

つーか、オチゴトしてないからお買い物できないニャローメw


◇チャイさん

なにをおっしゃいますやら!
鳳凰を飛び越して北岳とか行くかもですよ~w

ウソです。

まぁ、鳳凰三山はトレキャンとして行くには少々ハードかもですねー
でもいずれ行こうと思っております!


◇ジープ乗りさん

おぉ!
ジープ乗りさんもトレキャニストへの道を歩まれるのですね!ナイス!!

行くとこにもよるでしょうけど、大抵のところはユクーリユクーリ歩けばなんとかなるもんですよ。
怪我の無いように楽しんできてくださいまし~♪


◇茶柱さん

この時はホントにもぅサイコーの天気でした!
まぁ夜はちょい寒かったですけども。。。

北岳肩の小屋!!
草すべりを登り切る自信ができた時にはヨロチクですw


◇Ggreenさん

そぅそぅ、もっと高所に行けばそうなんでしょうけど、トレキャンで行く程度の場所は結構普通にペグダウンできますよ。
なんせ駐車場から小1時間くらいしか歩きませんしw
でも、キャンプ場みたいに整地してないので、土より岩の方が清潔感あってワタクシは好きなんですけどねー。涸沢みたいな。


◇kimatsuさん

確かに、鳳凰三山を歩くつもりならここには泊まりませんよねー
ホントに、水場さえあれば完璧なのに。。。クゥ
ほこらとココと、足して2で割ったような場所を見つけておいてくださいまし!
あ、笠取なんかは結構近いかも。。。大菩薩の裏側しか見えませんけどw

from らんど
あっ、(以下自粛)

やはりいい所ですね~ 夜叉神峠。
晩秋あたりに行ってこようかしらん^^

で、バードメンさんの、変化ぶりもイカス!

from いのうえ
◇らんどさん

そぅそぅ、自粛してくださいねw

ココ、いいですよ~!
でもワタクシ同様「鬱蒼派」のらんどさんには開放的すぎるかも。。。

バドタソの変化っぷりに目を向けるとはイカス!!
夜はオバちゃんみたいになってますもんねぇw プププ

from 64
おっと!ダイジェスト版の最初の写真の凛々しい殿方はいのうえさんでは無かったのですね。
しかし、美しい山々を見てズボンの中が隆起しているように見えるのですが、これが超一流のトレキャニストの証ってやつなのでしょうか?

from mt_hanter
うわ~、楽しそうですね。こういう楽しみ方を知らないので参考になります。どんどんご紹介ください!

しかし、いろいろな幕体をお持ちなのですねw
毎回違いますし… うらやますぃ~です。

from いのうえ
◇64さん

えぇ、コチラはバードメン氏ですタイ。
ワタクシはもちょっとさらに凛々しいです。ウソです。

!! ホントだ、モコーリしてるwww
多分、白峰三山に「オラの山だってスゴいんだぞ~」と張り合ってたんだと思いますw


◇mt_hanterさん

あぁ、ガツーリお山を歩かれる方々には恥ずかしい内容ですいません!
なんせワタクシ、山よりキャンプなもんで、登頂とかは二の次でして。。。w

幕体は、季節や気分や場所や必要スペックに合わせて選んでます。楽しいですよー!
ただ、保管場所がエライコッチャエライコッチャですw

隆起も!

from いまるぷ
おおおお! 北岳では、隆起も!
雪渓でも、草滑りでも、ご一緒する際には、
バットレスを突き崩す勢いで、
もちろん、ABふたり並んで、そそり立てて。
声を掛け合って天空に辿り着く瞬間まで、
ふやけることなく!
ああっ、その夜は、どんな幕で?

from いのうえ
◇いまるぷさん

なんと、ご一緒いただけますか!
雪渓でハグを、草滑りでスパイラルに、
バットレスをマットレスに!!
山頂標識はポッキーゲームでいただきますか。
アタイが右で、アナタは左。いや、上と下ですね。
その夜の幕は、厚さ0.01ミリのオカモト製...とかは本気で疑う人がいるので自粛しますw

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://houchimin.blog36.fc2.com/tb.php/232-806e53b2

広告:まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。